事業アーカイブ PROJECT ARCHIVE

ホーム > 事業アーカイブその他の事業(2010年):利賀演劇人コンクール2010

事業アーカイブ その他(2010年)

利賀演劇人コンクール2010

内容:

必ず見つけます! 新しい才能?

世界は君を待っている!
●選考対象は、演出、俳優、美術・装置、照明、音響、衣裳など舞台創造の各分野。
●最優秀演劇人には賞金200万円、優秀演劇人には賞金50万円を贈呈。
●すぐれた作品は海外での上演の可能性。
●世界へのパスポートはあなたの手に!?

利賀演劇人コンクール
日本最初の演出家のコンクール〈利賀演出家コンクール〉として、2000年にスタート。国内外の注目を集め、2009年まで計10回開催。上演審査で上演された作品はのべ172作品で、受賞者は26名。2008年からは、演出以外の分野にも選考対象を拡大し、〈利賀演劇人コンクール〉となりました。参加を契機として、受賞者のみならず多くの優れた才能が、国際的なフェスティバル (BeSeTo演劇祭、日本・ロシア若手演出家フェスティバルなど)での公演や、利賀をはじめ、ロシア、オーストラリア、香港、東京、静岡など、国内外での研修、フェスティバルや公立ホールへの招聘公演などで幅広く活躍しています。
昨年の10周年記念開催を経て、今年は、課題戯曲を設けるなど審査方法を新たにしての開催です。

【 応 募 概 要 】
■審査
 舞台芸術財団演劇人会議
■賞 
 最優秀演劇人(1人) 賞状及び賞金200万円
 優秀演劇人      賞状及び賞状50万円
■応募資格
 演出、俳優、美術・装置、照明、音響、衣裳のいずれかの分野で、
 舞台芸術家として過去3作品以上の公演経験がある人が参加する作品。
■審査方法
 書類審査 : 書類、ビデオなどによる選考
        ・上演審査へと進む合格者を選考します。
 上演審査 : 作品上演による審査(2008年8月・富山県利賀芸術公園)
        ・この審査は、当財団の夏のプログラムの一環として行われます。
        ・参加に際して、宿泊・食事が支給される他、若干の舞台製作費が支払われます。
■上演審査の内容
 指定された課題戯曲の中から応募者が選んで上演します。
 上演時間は60分以内。
 詳細は、募集要項をご参照ください。

■応募方法
 募集要項をご参照の上、所定の申込用紙に必要事項を記入して郵送にてご応募ください。
■募集要項の請求
 [郵便]   氏名、住所、電話番号を明記して、140円切手を同封して下記までご請求ください。
        折り返し、郵送にて募集要項をお送りします。
 [e-mail] 氏名、住所、電話番号を明記して、engekijin@jpaf.or.jpにご請求ください。
        折り返し、Eメールにて募集要項(WORD形式)をお送りします。
■応募締切
 2010年6月7日(月)当日消印有効
■募集要項の請求・お問合せ
(財)舞台芸術財団演劇人会議
Tel : 03-3445-8010
〒108-0074 東京都港区高輪3-19-17 原沢製薬ビル4F
E-mail : engekijin@jpaf.or.jp



【利賀演劇人コンクール2010 課題戯曲】
 『コーラス・ガール』(アントン・チェーホフ/米川正夫訳・編)
 『二人で狂う……好きなだけ』(指定上演台本 ウージェーヌ・イヨネスコ/安堂信也訳)
 『玄朴と長英』(真山青果)
 『入れ札』(指定上演台本 菊池 寛)
※『二人で狂う』と『入れ札』については、こちらで用意した指定上演台本を使っていただきます。必要な方は、390円分の切手を同封して利賀演劇人コンクール係まで請求してください。また、『コーラス・ガール』、『玄朴と長英』についても、入手困難との声が多いため、こちらで用意する上演台本をご請求のうえ使用することをおすすめいたします。

ホームへ
Page TOP